トップページ > 同志紹介 > 天野 一
天野 一(あまの はじめ)  昭和17年11月25日生  静岡市葵区選出
■所属委員会・役職他
総務委員会 委員
みんなで取り組む健康長寿
  条例案検討委員会 委員長

■経歴
青山学院大学経済学部卒
静岡県レクリエーション協会会長
(社)静岡県茶業会議所理事
静岡県人権・地域改善推進会会長
静岡市議会議員(3期)
県議会議員当選 8回
第101代県議会議長
自民党県連副会長
自民党県連幹事長
自民党県連政調会長
■現住所
〒420‐0961
静岡市葵区北2丁目10-24
電話〈054〉247‐0681
FAX〈054〉247‐0681

■主たる連絡先
〒420-0867
静岡市葵区馬場町9番地
田辺ビル3F 天の一後援会事務所

■公式ホームページ
http://amano-hajime.com/

■直通メール
h-amano@email.plala.or.jp
私の政治信条

多くを与えられている者には多くが要求される。そしていつの日か、歴史という高貴な裁きの場で、政治家が国、県、市に対するつかの間の奉仕においてどれだけの責任を果たしたかが問われることになるだろう。その時、四つの疑問に対し政治家がどう答えるかで判断が下されるだろう。
第一に、政治家には真の勇気があったか。その勇気とは単に敵に対するものでなく、必要とあらば仲間に対しても立ち向かうことのできる勇気であり、公のプレッシャーだけではなく、私的な欲望にも立ち向かえる勇気である。
第二に、我々には真の判断力があったか。未来と過去を真正面から見つめ、自らの過ちを認め、自分達の知識の限界を知り、それを認める英知があったか。
第三に、政治家には真の威厳があったか。自らの信念を貫き通し、人々の信頼を裏切らなかったか。政治的野望や金銭的欲望のために神聖なる任務を汚さなかったか。
最後に、政治家は真に国、県、市に献身したか。特定の人間やグループに妥協せず名誉を守ったか。個人的恩義や目的のために道を曲げず、ただひたすら公共のために身を捧げたか。
Copyright(c) 2011 自民改革会議 All Rights Reserved.