自民改革会議 基本理念
自由民主党は、国政及び静岡県政で野に下ることとなった。
我々は、この現実を踏まえ、反省すべきは反省し、この苦境を改革の好機と捉え、誇り高き自由民主党の旗を堂々と掲げて前進してゆくために立ち上がった同士である。
【目的(会派規約より抜粋)】
1.政党人として
自由民主党の所属県議会議員として、誇りと自覚を持ち、党規約を守って活動する。
2.議会人として
静岡県の発展のため、県行政に対するチェック機関としての議会本来の使命を全うし、政策提言集団として活動する。
会派代表挨拶

私たち「会派・自民改革会議」は、議会民主政治の大道を歩むこと、個人の自由と人格の尊厳を重んじ、権力による専制と階級主義に反対することを基本とし、県民のため働く議員集団でありたいと考えています。
現在、新型コロナ感染症の影響で社会全体が大きく疲弊する中で、一日も早いコロナの終息と一日も早い経済の再生が望まれています。
こうした状況を踏まえ、「自民改革会議」では、徹底したコロナ対策、災害に強い強靭な県土づくりを進め、県民の生命・財産・暮らしを守り、そして、成長戦略、生産性革命、人づくり革命などの政策を総動員し、成長と分配の好循環を創り、しなやかで強い経済つくりを目指します。
また、歴史、伝統・文化を守りつつ、地方から技術革新を展開し、年齢、性別にかかわらず誰もがその能力を発揮できる、快適で豊かな暮らしを実現させるため、努力を重ねて参ります。
静岡県においても、国内外でも、依然として新型コロナウイルス感染症との闘いは続いています。
本年度も、わが会派は、誰もが希望を抱き、世代を問わず、生きがいを持って生活できる社会の実現に向け、メンバーが一丸となって誠心誠意取り組んでいく所存であります。
これからも、皆さまからのご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


自民改革会議・代表 野崎 正蔵
役員紹介
自民改革会議
代表 野崎 正蔵 (磐田市選出)
副代表 佐地 茂人 (静岡市駿河区選出)
議会運営委員長 相坂 摂治 (静岡市駿河区選出)
政務調査会長 木内 満 (富士宮市選出)
事務局長 坪内 秀樹 (清水町・長泉町選出)
静岡県議会
第114代議長  宮沢 正美 (三島市選出)
第120代副議長 竹内 良訓 (浜松市中区選出)
Copyright(c)自民改革会議 All Rights Reserved.